2016年09月16日

芦ノ湖釣れてますよー。

日、月曜日の釣行を予定すると、ことごとく台風にやられる今秋。
最近は“行ける!”というタイミングで朝だけ釣行を繰り返しています。
場所は芦ノ湖。
芦ノ湖1.JPG
岸から遠投して釣っています。
遠投って? カルカッタ201を使ってハンドル68〜70回転ぐらいです(ハンドル一回転66cmなので、45m前後)。
ヒットは30回転以内の場所であります。
芦ノ湖4.JPG芦ノ湖7.JPG
ロッドは9フィート。足場の高いところから釣りをするので、ネットは必須です!
芦ノ湖6.JPG
ラインはトップ糸の4号を巻き、フルキャストするとこのぐらいラインが減ります。
村上晴彦さん理論でいうところの、太いラインは遠投しても遠心ブレーキの力が弱まりにくいので
つまり、ラインが急激に減るので、スプールの回転スピードが落ちにくい。
結果、ブレーキ力が持続する。なので、トラブルなくキャストを楽しめます。

それで、キモは使うルアーなのですが、この日も3バイトあった
ラインスラックのトップジョージ、レインボートラウトカラーを芦ノ湖に置き忘れてしまいました…。



posted by 伊勢原釣具 at 17:03| Comment(0) | まあまあ日刊イセツリ通信

2016年08月06日

北の聖地2016夏

八郎潟11.JPG
8月も北の聖地へ。お誘いいただいたのは、スローテーパーの林さん。
この時期、コンディションのいいバスがいるエリアを絞りきれているようで
アタックしてくるバスは、すべて45cm以上。
なぜ、林さんはコンディションにこだわるのか?
「弱き魚を狙わず、強い魚に勝負を挑むのが、トップウォーターアングラーだから」と林さんは言います。
なので、使うルアーはダーターがメイン。
八郎潟2.JPG
楽トップ(=自分がトップウォーターだと思うルアーを使って、楽しく釣る)が好きなワタクシは
HMKLのK−0。
八郎潟12.JPG
ラインスラックのトップジョージで釣ります。
八郎潟13.JPG八郎潟14.JPG
狙い通りの魚を釣る林さん。
八郎潟16.JPG
今回も渓流に行き、フライフィッシングをしました。
八郎潟18.JPG八郎潟17.JPG
キレイなイワナが釣れました。
八郎潟22.JPG
もちろん、最後はバスで〆ました!
八郎潟9.JPG
バディ&ドッグスのタイガーシャーク、伊勢原釣具オリジナルカラー"HAKONE”も
北の聖地でバスを連れてきてくれました。








posted by 伊勢原釣具 at 19:55| Comment(0) | まあまあ日刊イセツリ通信

2016年07月11日

夏の小物釣り。

P7100026.JPG
休日は、世のお父さんたちにとっては、ちょっとした息抜きができるとありがたいもの。
若い頃は、ガンガンに釣りをしても、翌日に疲れを残すことはなかったが、
自分と同じ世代になると、月曜日の仕事がツライ。
そんなお父さんたちが息抜き程度に楽しめるのが、小物釣り。
冬は堤防、夏はブルーギルがよろしいかと。
ブルーギルは、練り餌でもフライでも簡単に釣れます。P7100045.JPG
私はフォームフライを使って楽しみました。
ロッドはラインスラックの「江戸夢9尺」。テンカラ仕掛けにしました。
このフライ、フロータントを使わないので、メンテしなくて釣りができるのがありがたい。
テンカラのスタイルで、トラウトもよく釣れます!(今日はバスも釣りましたよ)
P7100031.JPG
津久井湖へ、ルアーをキャストできるぐらいのところにある自宅から
自転車で山岸師匠(HMKLフィールドテスター)が、
ガリガリ君のなし味を人数分持って遊びに来てくれました。
デコらないオトコですが、今回もサクサクっとnigoiを釣って帰っていきました。
201607113.JPG201607112.JPG
私たちも昼過ぎにはあがり、
ライスは中盛以上がマンガ盛(カキ氷のように盛られている)に
なることでボリュームに定評がある
伊勢原にあるとんかつ「麻釉(まゆ)」で
ジャンボかつを食べ、伊勢原にできたビアガーデンへ。
ステキな休日になりました。 P7100017.JPG
津久井湖の湖畔に咲いていたヤマユリがキレイでした。

※今回は昭和の夏の思い出風に、モノクロにしてみました。


posted by 伊勢原釣具 at 02:12| Comment(0) | まあまあ日刊イセツリ通信