2016年12月24日

ロッドのカスタム。

IMG_0482.JPG
平塚にある釣具の個人店
「つり具 やまだ(http://www.scn-net.ne.jp/~fsy/)」さんへ。
伊勢原釣具ではロッドのカスタムやリペアはやっていませんが
「やまだ」さんでは自分だけのロッドを欲しい方や
ガイドを付け直して欲しい方などのニーズに応えてくれます。
写真で手前にある、オールドのスピニンググラスロッドは
これからベイトロッドにするそうです。
IMG_0481.JPG
ブランクも取り扱っていますし
ロッド作りに関して、いろいろと相談にのってくれます。
IMG_0479.JPG
深江真一さんや庄司潤さん、野村俊介さんが、
その昔(10年以上も前)頻繁に取材で使っていたファイナルウエポン、
クレイジービー(ティファ製、生産終了品)や
伊藤巧プロがこの前の取材で使っていた
クリープフライ(ティファ製、生産終了品)がありました。
歴史があるショップだけに
レアなルアーやグッズもあるお店です。

posted by 伊勢原釣具 at 16:51| Comment(0) | まあまあ日刊イセツリ通信

2016年12月04日

できましたね。

0804    7:39.JPG
最新であり、最高の傑作ができたと思います。
これ、少ない移動距離でしっかり誘えるダータースペシャルです。
使うラインも選びません。
0803    7:16.JPG0803    7:23.JPG
釣りが好きな人なら、1日中ロッドを振り続けることは珍しくありません。
ちょっと釣りして、パッと釣れる。
そんな、誰でも釣れた時代は過去のことで、抜け目なく釣りをしている人が、
しっかり釣っている時代です。
これはなにもトップの釣りに限ったことではなく、
ショアフィッシングでも、川村光大郎さんや伊藤巧さんの取材をしてわかるのは、
“ここまですれば、そりゃ釣れるわな”という攻め方をしています。
もちろん、メディアに出る人なので、釣り禁止の場所で釣ることは絶対になく、
メジャーフィールドで日の出から日没までという時間内での釣りです。0704    7:33.JPG
釣り込んでいるトップウォーターアングラーなら、
オーバーヘッド、サイド、バックハンドでソフトボールぐらいの標的なら、
ほとんどミスなく捉えられる人も少なくありません
(ワタシのキャスト精度はフラフープぐらいですが卍←使い方間違ってます? 
その前にフラフープ知らん人もいるわな)。
それでも、二日間以上、投げ続けて精度が落ちない人は林さんぐらいなんじゃないですかね。
と、今回のテストを見ていてそう思いました。林さんのポテンシャルの高さは知ってますが、
それに輪をかけてタックルのセッティングがいいんでしょうね。
ダーターに適したロッドですから、
しっかりルアーをアクションさせられる強さがあります。で、5フィート6インチ。
バランスのいいロッドであれば、
長くなって自重が増えても、長さがあるのでアクションをつけやすく、
それを活かせば疲労を感じにくいものです(ロッドが仕事をしてくれるから)。
でも、M56マイナスはむしろ長いロッドよりも疲労感がないのでは? 
そのあたりの設計が、他メーカーのロッドとの決定的な違いです。
0802    6:16.JPG
体をねじったり腕を動かすのは力を使うし、可動域が広いのでブレが生じます。
ロッドを素早く動かせてブレが少ないのが手首を使うことです。
ブレはキャスト精度の高さに影響します。
ただ、その場合にロッドが仕事をしないと手首への負担が大きく、
痛めることにも繋がります。そうならないように設計しているのが、スローテーパーのロッドです。
もちろん、既存のモデルもそのレベルに達していて、
そうでなければリリースしないのがスローテーパーです。0524    19:00.JPG
グラスとカーボンの違いがどーだとか、
モデルの違いがあーだ、とかも含め、ロッドの解説については、
スローテーパーブログをご覧になってください。
一切の妥協をせずに作ったロッドですから、
ここでワタクシなんぞのコウシャクはいらんでしょう。


今年の5月、7月、8月の三回、二日間〜三日半のテスト釣行に同行しました。
写真はそのテスト風景です。アシの釣りって、奥が深いっす。
キャストの精度やルアー選びが難しいのは当たり前なんですが、
エリアの選び方がシビレますね。


↓デカ雷魚のパワーに耐えてます。
0524    17:23.JPG

ご注文は伊勢原釣具まで。
通販ページがあります。
通販のときのみ、クレジット払いが可能です。m56a2_3.jpg











posted by 伊勢原釣具 at 23:54| Comment(0) | まあまあ日刊イセツリ通信

2016年10月25日

トラウトの季節。

朝の気温が10度を記録することもあり、
近くのフィールドでは水温が一気に下がることによる水質悪化が著しく
なかなかバスが釣れなくなってきた(水質が悪化する前はすごく釣れるけれど)。
そんなことでバスではなく、トラウトが釣りたくなってきたので、
ハンクルのフィールドテスターである山岸正和さんを誘って北へ。
山岸さん15.JPG
7.JPG
ニジマス、ブラウンをラインスラックさんのグリッチのパーチカラーでキャッチ。
この時期は産卵を意識した個体が多いので、腹がオレンジのカラーが圧倒的に効く。
2.JPG
個人的には、紅葉・ブラウントラウト・パーチカラーというのがセット。3.JPG4.JPG5.JPG
山岸さんはハンクルシャッドで連発。
詳細はハンクルさんのホームページ内にある、
スタッフブログ(http://ameblo.jp/hmkl-staff/)を
見てくださいね。
6.JPG
グリッチを使うときには、
バスのトップウォーターの釣りで愛用している
スローテーパーさんのディスティルGL58
&カルカッタ101&トップ糸3号のセットがベストマッチ。
00.jpg
前日は講師として
「親子フライスクール(http://www.sizentoasobou.com/)」に参加してきましたが
早戸川のトラウトの活性もよかったですよ。

河川は禁漁のところがほとんどですが、
エリアや湖でのトラウトの季節が到来しましたね。









posted by 伊勢原釣具 at 08:49| Comment(0) | まあまあ日刊イセツリ通信