2016年05月28日

八郎潟。

こちら関東ではTシャツ。でも、八郎潟の朝夕は冷え込み、長袖が必須。
季節のズレが遠征に来た!という気持ちにさせてくれます。
久しぶりの八郎潟。10年以上ぶりかな? 
IMG_7764.JPG
同行者はスローテーパーの林さん。
牛久や房総へフローターをしにいったり、ナマズを釣りに行ったり
取材では九州、中国、富士五湖、房総… ホント、いろいろなフィールドへ一緒に行きました。
昨年もキハダ狙いやマダコ釣りには行きました、なんとバスは久しぶり。
「今日よりも明日、明日よりも明後日。自分の釣りは進化している」と言っていましたが
「進化は目には見えないもの」とも言っていて、大きく変わるのではなく
少しずつ変わっていくのが本当の進化とも言っていたのを覚えています。
それがスローテーパーの精神なのだと思います。

本物は、極端な変化をしません。コツコツと積み重ねたものが磐石となるのです。IMG_7724.JPG
それにしても、これほどキャストが正確なアングラーをワタシは知りません。
もちろん、キャストだけでなく、ボートポジションからルアーのアクション。
釣りのスケジュール、飯や宿泊の段取りまで、すべて計算されています。
ワタシは、手際のいい中華料理のシェフを見ていると、
そのムダのない動作に見入ってしまうことがありますが、
そんな感じで、すべてが流れるように行われていきます。
釣果? それはお店で聞いてくださいな。
お店の活用法はそういったとこですよね。IMG_7716.JPG







posted by 伊勢原釣具 at 18:00| Comment(0) | まあまあ日刊イセツリ通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。